読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DSC-RX100

DSC-RX100をSony Storeで予約購入しました。勢いってでポチったのもありますが、以外とソニー製品を購入していたので、10% OFFクーポンや、長期保証無料クーポンがあって、結果的にはかなり安く購入できたと思っています。一方で、アクセサリに関してはセットにすると配送が大幅に遅くなる感じだったので、本体だけの注文にしました。

僕自身、カメラに関しては素人ですし、でかいモノが嫌いというのもあって、デジイチやミラーレスといった類いのカメラには手を出そうとは思わない人です。なので、ここに書いてあることは、あくまでもコンデジからのアップグレードという観点で書かれていることには注意してください。
写真屋カメラのプロから云々かんぬんとコメントされることは前提にしていませんし、反論できませんのですみません。

本体

本体は、同じソニー製のコンデジ、DSC-HX5から比べると、実測値では、DSC-RX100の方が40gほど重いようですが、ほぼ同じ大きさ、同じ重さといった印象を受けます。コンデジとして持ち歩くときに違和感を感じるようなことはありません。

f:id:espresso3389:20120615222736j:plain
f:id:espresso3389:20120618030453j:plain

他人と同じ事をレポートしても仕方ないので、個人的に!と思ったことだけをつらつらと書いておきます。

Micro USB端子

動画撮影用のボタンの右側に、カバーで保護されたMicro USB端子があります。ここに普通のMicro USBのケーブルを挿せば、PCにMTP/マスストレージで接続できるほか、充電が出来ます。

f:id:espresso3389:20120615223001j:plain
f:id:espresso3389:20120615113729j:plain

未だ、バッテリー(NP-BX1)の充電器(BC-TRX)が発売されてない現状では、本体で充電するしかないのですが、一応、汎用の方法で充電できることについては評価しても良いのではないでしょうか。

PCとの接続に関しても、従来のような特殊なケーブルが要らないというのは、利便性の向上という意味では大きな意味があると思います。

動作中のUSBによる給電

また、動作中にUSBから動作電力を供給することもできます。
電力を供給する - DSC-RX100 デジタルスチルカメラ 取扱説明書(PDF)

ちなみに僕が使っているケーブルは、データ通信と充電を切り替えられる、Rix iCharger XPERIA ( SO-01B ) 用 リール式USB通信・充電器 (microUSB)充電・通信切替スイッチ付き(ブラック) RX-XPERIA11です。

f:id:espresso3389:20120618214422j:plain

バッテリー

カタログスペックでは、撮影可能枚数 約330枚、撮影可能時間 約80分。1240mAh。DSC-HX5だと960mAhで310枚/75分だったので、容量比の撮影枚数、撮影時間でいうと、むしろ減っているのかもしれないが、バッテリー自体のサイズは著しく小さくなっている。これが技術の進化という奴かな。

f:id:espresso3389:20120620202538j:plain

Micro HDMI端子

Micro HDMIの端子は、本体下部にあります。個人的には、三脚用のねじ穴から近すぎるのが気になりますが、まぁ、特に問題はないでしょう。

f:id:espresso3389:20120615222857j:plain
f:id:espresso3389:20120615222839j:plain

普通のMicro HDMI->HDMIケーブルが使えるのでこれも汎用性という点では問題ないと思います。

USBもHDMIも、その辺のスマフォとケーブルを共用できるのでせっかくなので一本ずつもっていればいいんじゃないでしょうか。

Eye-Fi対応

DSC-RX100Eye-Fiに対応しています。Eye-Fiカードを装填していれば、画面に、アップロードアイコンが表示される他、設定で、アップロードをOFFにすることもできます。

アップロード設定 - DSC-RX100 デジタルスチルカメラ 取扱説明書(PDF)
モニターに表示されるアイコン一覧 - DSC-RX100 デジタルスチルカメラ 取扱説明書(PDF)

f:id:espresso3389:20120618213945j:plain

液晶側照度センサー

こんなところに照度センサーがあるようです。ぱっと見では、単に隅っこに隙間があるなぁっていう風にしか見えないのですが・・・。

f:id:espresso3389:20120617133802j:plain

接写!

さて、このカメラの素敵なところっていうのは、僕なんかが語り尽くせるモノではないんですが、個人的に一番重要な点としては、素敵なぐらい近い距離で接写できるという点に尽きると思います。

ガジェットオタクとしてはいろんなガジェットを撮影するんですが、いわゆる、「接写」に強いというのは結構重要な条件です。そういう意味では、こいつは、相当近くに寄れる上に、20メガピクセルという画素数なので、相当面白い絵が撮れます。

ただ、普通に撮影してしまうと、結構、白飛び気味なので、ちょっと暗めに露出補正をした方が見やすい感じの写真が撮れる感じです。

以下、撮影してみた写真:

f:id:espresso3389:20120615112418j:plain
f:id:espresso3389:20120616135509j:plain
f:id:espresso3389:20120616135208j:plainf:id:espresso3389:20120616042136j:plain
f:id:espresso3389:20120618021149j:plain
f:id:espresso3389:20120618021104j:plain

液晶保護シート

ソニー純正はあんまり評判が良くないので、撥水高防汚・低反射・PRO GUARD ARSH HD Professional for SONY DSC-RX100 / PGARSHSORX-Aを購入しました。サイズはばっちりですし、品質については、散々、スマフォでお世話になっているので言うまでもありません。

f:id:espresso3389:20120618212758j:plain