読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MX Anywhere 2 色違いも買ってみた

アクセサリ

ロジクールのコンパクトマウスの最上位モデル、MX Anywhere 2 にカラーバリエーションが増えたということなので、早速、「ストーン」という色を買ってみました。

www.logicool.co.jp

f:id:espresso3389:20161103025506j:plain

もともと、これの初期モデルというか、ブラックを使ってたので、今更、特に使い勝手で言及することなど何もないのですが、簡単に言えば、何の不満もないマウスですね。
ホイールはフリースクロールにもカチカチ感のあるスクロールにもなりますし、全体のプラスチック感は従来品に比べてチープに感じることもあるでしょうが、軽量になったと思えば、毎日使うものとしては全然悪い感じではないです。
ワイヤレスマウスで、ロジクールのUnifyingという独自形式か、Bluetoothのいずれかで接続できます。マルチペアリングで、3台のPC/Macとペアリングできます。

f:id:espresso3389:20161103025532j:plain

ロジクールといえば、昔は、悪名高い、SetPointというソフトウェアが付属していたのですが、今は、そんなダサくて酷いソフトウェアは付属しておらず、Logicool Options という、それなりの見た目のソフトウェアが付属しています。

f:id:espresso3389:20161103030626p:plain

面白いのは、1台のマシンに2台をペアリングしたりすると、

f:id:espresso3389:20161103031124p:plain

みたいにマウスのショーケースみたいな表示になることですかね。こういうところで Apple 的な配慮を行ってくれるようになったのは本当に良いです。

さて、まぁ、質感に関しては、十分に良いのですが、一方で、いわゆる、ベージュですし、光の角度によっては、こんな感じに見えてしまい、ブラックよりはチープに見えることもあるかもしれません。

f:id:espresso3389:20161103030018j:plain

ただ、机の上を白基調にしたいのであれば、良い色だと思います。

一緒に買うと良いもの

さて、このマウス、基本的には、ワイヤレス・内臓バッテリーなので、いつかはバッテリーを充電しないといけなくなります。
で、充電しながらでも使えるのですが、付属のケーブルは微妙に硬く、このケーブルで充電しながら使うと、せっかくのマウスの軽さが著しく毀損されます。

f:id:espresso3389:20161103031829j:plain

そこで、iBUFFALO USB2.0ケーブル(A to microB) スリムタイプ ホワイト 1.2m BSMPC12U12WH を買うことをお勧めします。
このケーブルは、非常に細くて柔らかいので、このケーブルで充電していても、ケーブルの重さを感じることはほとんどないでしょう・・・

って、そこまでしてワイヤレスマウス買うの?

って思った人にはこのマウスはお勧めできませんw