読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい VC++ のコンパイラを試す

ツイッターを見てたら、

Introducing a new, advanced Visual C++ code optimizer | Visual C++ Team Blog

こんなのがありまして、へー、でも試すの面倒くさいなぁと思っていたらですね、

Try out the latest C++ compiler toolset without waiting for the next update of Visual Studio | Visual C++ Team Blog

こんなのもあって、要は、「nuget で簡単に最新コンパイラ試せるよ!」ってなってたわけです。
知りませんでした。簡単ですねー。

で、

  • VC++のプロジェクトが既にあれば、 nuget パッケージ足すのは簡単
  • VC++ Build Tools (VSと排他)がインストールされていれば、それをベースに使える

ってあったんですが、コマンドラインから叩きたい。既に VS2015 入っているという僕には、いろいろ面倒そうなので、別の未知を模索してみました。

インストールしてみた(自己流)

とはいえ、やったことは簡単です。

http://dist.nuget.org/win-x86-commandline/latest/nuget.exe

をダウンロードして、適当なフォルダに配置して、

nuget install VisualCppTools -source http://vcppdogfooding.azurewebsites.net/nuget/ -Prerelease

って実行しました。そうすると、 VisualCppTools.14.0.24104-Pre\lib\native に dll やら exe やらが沢山展開される。
このまま実行しても良いですけど、 CRT のヘッダ・ライブラリしかないよんって感じなので、どうにか Windows 系のヘッダとかも参照したい。

しばらく考えた末、

call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\vcvarsall.bat"
set PATH=C:\Users\kawasaki\Desktop\cl\VisualCppTools.14.0.24104-Pre\lib\native\bin\amd64;%PATH%

ってやったら、 cl.exe 動きました(上のは、AMD64版のコンパイラ)。

現時点でのバージョン

見る感じ、出来たてほやほや。

f:id:espresso3389:20160506120552p:plain

f:id:espresso3389:20160506120605p:plain

さて、ひたすら問題を指摘されている例のコードでもコンパイルしてみるかw