読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの始まり

ThinkPadの売りの一つであったはずのThinkVantage System Update(いや、それでもソフトウェア導入支援からしたらデグレードなんだが)が終わった。もはや便利な自動アップデートは使えない。SONYですら、今では、VAIO Updateが使えるというのに、なんと言うことだ。

f:id:espresso3389:20090406185639p:image

で、今後は、Message Center Plusを使って、アップデートを通知するよということなので、不便にはなるが、仕方ないだろうと、インストールしようとしたら、

f:id:espresso3389:20090406185640p:image

なんと言うことだ。64bitのプラットフォームがこれから羽ばたこうとしているこのご時世に、64bit対応していない。
タダの手違いだと思いたいが、開発側のデグレードを意味していたとしたら嫌だ。少なくともチェック体制は悪くなっているのは事実かも知れない。

このご時世にコスト削減は当然だと思うが、こういうコアのユーザー体験を実現しているサービスをやめてしまうことには疑問を感じる。もはや、ThinkPadにプレミアはないのか。

これでさらに売り上げが落ちたりしたら、それでレノボは重要なことに気づくのか、それとも、ThinkPadの事業ごと辞めてしまうのか・・・。