読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teredo事始め

Windows Vistaならば、すぐに使い始めることが出来るが、XPだと、最初に初期化を行わなければならない。しかし、これはそんなに面倒ではなくて、コマンドプロンプトで、次のような一連の作業を行えばよい。

IPv6の有効化 (XPのみ)

C:\>ipv6 install
Installing...
Succeeded.

Teredoの初期化 (XPのみ)

これにはnetshを使う。

C:\>netsh
netsh>interface ipv6
netsh interface ipv6>set teredo client
OK

Teredoの動作状況確認

Teredoの動作状況を確認する方法。

netsh interface ipv6>show teredo
Teredo パラメータ
---------------------------------------------
種類                    : client
サーバー名              : default
クライアント更新間隔    : default
クライアント ポート     : default
状態                    : probe(cone)
種類                    : teredo client
ネットワーク            : unmanaged
NAT                     : cone

ちなみに、Windows Vistaだと表示内容が異なる。以下はVistaの場合。

netsh interface ipv6>show teredo
Teredo パラメータ
---------------------------------------------
種類                    : default
サーバー名              : teredo.ipv6.microsoft.com.
クライアント更新間隔    : 30 秒
クライアント ポート     : unspecified

TeredoのIPv6アドレス

TeredoのIPv6アドレスは、ipconfig /allで参照することが出来る。

Windows XPの場合。

Tunnel adapter Teredo Tunneling Pseudo-Interface:

  Connection-specific DNS Suffix  . :
  Description . . . . . . . . . . . : Teredo Tunneling Pseudo-Interface
  Physical Address. . . . . . . . . : XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX-XX
  Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : No
  IP Address. . . . . . . . . . . . : XXXX:X:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX
  IP Address. . . . . . . . . . . . : fe80::ffff:ffff:fffd%4
  Default Gateway . . . . . . . . . : ::
  NetBIOS over Tcpip. . . . . . . . : Disabled

Windows Vistaの場合。

Tunnel adapter Local Area Connection* 6:

 接続固有の DNS サフィックス . . . :
 説明. . . . . . . . . . . . . . . : Teredo Tunneling Pseudo-Interface
 物理アドレス. . . . . . . . . . . : XX-XX-XX-XX-XX-XX
 DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . : いいえ
 自動構成有効. . . . . . . . . . . : はい
 IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . : XXXX:X:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX:XXXX(優
先)
 リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : XXXX::XXXX:XXXX:XXXX:XXXX%XX(優先)
 デフォルト ゲートウェイ . . . . . : ::
 NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . : 無効

見慣れないのでわかりにくいが、IP Addressまたは、IPv6 アドレスというところに書かれている : (コロン)で区切られた16進数値がアドレスだ。

ここで表示されるIPv6のアドレスは、自動的に仲介サーバーに登録される。Teredoのクライアントはこのアドレスを仲介サーバーに問い合わせることによって、接続相手を探す。当たり前ではあるのだが、これによってファイヤーウォールが骨抜きにされるので、下手をすると不特定多数に対してポートを開いているのと同じことになるのには注意が必要だ。

詳しくは、「KB817778: Advanced Networking Pack for Windows XP の概要」を参照。