読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMwareのインストールするネットワークデバイスがVistaを社交的じゃなくさせる件

VMware 6.0 (またベータではあるんですが)をWindows Vistaにインストールすると、VMwareがインストールした、

という仮想ネットワークアダプタが追加される。そして、これらは、「ネットワークと共有センター」において、「認識されていないネットワーク」というレッテルをはられ、そのせいで、共有フォルダがファイヤーウォールに塞がれることになるというなかなかひどい目に遭う。起動するたびに、ネットワークの種類を「プライベート」に設定すればいいのだけれども、それもなかなか面倒くさい。

f:id:espresso3389:20070219175721j:image

ここで初めて、こいつらは何者なんだという話になるのですが、VMwareのネットワーク設定を見る限りでは、VMnet1は、Host Only Network、VMnet8は、NATのためにあるようです。普通の利用ではブリッジ接続できれば問題ないので、というか、何それとかいう場合には明らかに必要ない機能なので、思い切って、これらの仮想ネットワークアダプタを無効にしてみると、めでたく、「ネットワークと共有センター」はこれらの異物を無視してくれるようになりました。