読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

debianとCentOS

常々、難しいと言われることの多いdebianだが、実は、CentOSなんかよりも直感的なうえ、管理しやすいディストリビューションだ。インストールの必要があるものは、なんでもかんでもapt-getなうえ、apache関連に関しては、その管理のしやすさはredhat系のディストリビューションがなんでこうも面倒なんだろうかと思うぐらい。

eside.homeip.netのサーバーのhttpsが止まって久しいのだが、そろそろ決断を下さないといけない。脱debianか、続debianか。現在、CentOSVMware上でテスト中なのだが、apacheの設定で苦しんでいる最中である。なんというか、debianのsites-enabled/sites-availableとa2ensiteの組み合わせになれると、そうでないCentOSの設定ファイルの構成はちょっとエレガントには見えないし、実際、公開するディレクトリをhttpとhttpsで分けようと思うと、かなり大変。

これが動かないと、svnにアクセスできないんですよ。